永代供養とは|供養料や費用、永代供養墓などそこが知りたい!

スポンサードリンク

永代供養とは?安心出来る供養方法として人気を集めています

永代供養という言葉を耳にしたことはありますか。
これは「お墓参りする人がいなくても、お寺が永代に供養と管理をしてもらえるお墓」のことです。

 

永代供養は、「えいたいくよう」と読みます。
近年この形を希望される方が増えています。

 

その理由は様々です。
・自分が亡くなった後、親族に迷惑をかけたくない。
・お墓参りしてくれる人がいないけれども安らかに眠りたい。
・お墓の心配を生前に解決しておきたい。
・無縁仏にはなりたくない。
そういった方々から永代供養の需要が増えているようです。

 

現代は少子高齢化、晩婚化などの社会状況の変化があり、お墓を子孫が継承していくことが難しくなってきています。
今後さらに少子高齢化が進むと予想されています。
「高齢社会白書」によれば、日本人の総人口は平成22年度をピークに減少を続け、40年後には人口が1億人を割ると計算されています。そして高齢者の割合は平成72年には約40%になると推計されているのです。

 

こうなると出生人数よりも死亡人数の方が多くなることは想像に難くありません。
当然お墓の継承も困難になってくるでしょう。
そこで注目されているのがこの「永代供養」なのです。

 

特に最近多いのが、「残された家族に墓守やお寺との付き合いなどの負担をかけたくない」という親です。
お墓参りやお寺との付き合いは金銭的な負担も多く掛かります。
負担を掛けたくないから永代供養墓を選ぶという方が増えてきています。

 

永代供養でも家族のお参りはいつでも自由です。
仮にお墓参りをしてくれる人がいなくなったとしても、お寺が家族の代わりに永代に渡り供養と管理をしてくれます。

 

それで、永代供養をしたいと思った時に何に気を付ければいいのか?
お墓はどんな種類があるのか?
遺骨はいつまだ残してくれるのか?
費用などの料金体系は?
生前に申し込むことが出来るのか、申し込みのタイミングは?

 

そんな永代供養の気になる情報を当サイトでご紹介していきます。
参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク